私が「じゃじゃ麺」に出合ったのは四半世紀以上前、学生時代に盛岡出身の仲間4人で好きーに安比に行ったときのこと。

jj3


スキーからの帰りに盛岡市内に立ち寄り、友人の勧めでいったのが「じゃじゃ麺」発祥の店の「白龍(ぱいろん)」です。
盛岡城跡にほど近い路地にある、小じんまりした店でした。

私的に「じゃじゃ麺って何?」の状態でしたので、たぶん記事を見ていただいている皆さんも同じかも。
簡単に言うと、和製のミートソースですね。今でいう「まぜそば」の元祖かも!

jj1


麺はきしめんのような平打ち麺で、皿に熱盛りされた上に具であるネギ・キュウリ・肉味噌が載り、混ぜ混ぜしながら食べるというものです。

jj2


そして食べ終わったら終わりではなく、「チータンタン」という別メニューに変身。
皿に残った肉味噌に新たに肉味噌と生卵、ニンニクやネギを加え、スープを入れてかき回すと「不思議な卵スープ」となります。これを完汁して「ごちそうさま」になります。

jj5


関東でも、岩手出身の方が出店されていると思うので、興味があれば行ってみて!
また、通販で自宅で「じゃじゃ麺」も買えるので試してみてくださいね。

白龍 本店 (パイロン)
019-624-2247
岩手県盛岡市内丸5-15
営業時間 [月~土]9:00~21:00(L.O.20:40)/[日曜]11:30~18:45
定休日無し(盆時期休、年始休)