昨日、井之上屋さんのあった場所に「武麗舞」さんがオープンしました。

チラシ1(outline)


私は13時過ぎに行く予定でしたが並んでも早く食べたい欲求に駆られ、12時前に店に到着。

 

幸いにも、店裏の駐車場から1台お出になったので、愛車待たずに停められました、ラッキー!表に回ると、10人くらいは並んでいます!

original-15
[上の写真は、食べログ友の方から拝借しています]

それも、皆さん食券を持っているので、私も「濃厚醤油そば」「キャベツ増」を買い並びます。

10分くらい待ったでしょうか、前客が2名と3名でしたので、一人席空いたので先に案内されました。
こちらもラッキーですね。
セルフで水を汲み、まったりと見ていますと、初日と言うことで、店主もスタッフさんも結構大忙しです(下の画像は井之上屋さん時代)。

original12345


今回から、メニューに井之上屋さん時代からの「塩」「塩旨」「醤油(濃厚)」に、淡麗な「中華そば」が加わりました(画像は拝借)。

DLb3gKgXcAAOwY-1

 

でも、私は最初から「味玉+濃厚醤油+キャベツ増し」と決めていました。

配膳された丼は、井之上屋時代の丼とは違って、逆三角形の美しいカタチ。

醤油だけでなく、全てのラーメンに使われる丼です。


KIMG0062


スープを1口すすると、待ちに待った濃厚醤油。

多少、カエシなどを変えてあるようですが、とても美味しい。

私のは熱々で提供していただきましたが、まだ導線慣れしていないか、少し温かった方もいたようですね。

KIMG0061


具は、チャーシュー、キャベツに加え穂先メンマと煮卵が、丼に所狭しと乗っています。

1口1口を味わいながら楽しみながら、これからの発展を心から祈りつつ、完汁してお店を後にしました。
ごちそうさまでした!次は塩旨⇒淡麗醤油⇒塩というローテーションで食べて行きたいと思います。


[追記]
オープン2日後に再訪問。今回は、「塩旨そば」にしました。

実は、井之上屋さん時代に初めて来店したときに食べたのが、塩旨らぁめんでした。

武麗舞さんになってから材料の組み立てを変えたと聞いていたので、どのように変化しているのかが楽しみです。


KIMG0067


配膳された逆三角形の器の中には、黄金色のスープに細麺が泳いでます。

まづはスープを1口、確かに以前のカツオベースと比べて強くなったという感じです。

そしてニンニクも以前より強いですが、香りづけという感じですので、臭いが気になる方でも大丈夫。

KIMG0066


麺も同じ番手ながら、種類を変えたとのこと。

そして穂先メンマが1本、美しく添えられています。

スープといい麺と言い材料と言い、店主の研究熱心さには頭が下がります。

KIMG0065


トッピングで頼んだワンタン2個130円も、もちろん手作り。

肉ワンタンと海老ワンタンが1つづつ、これ食感の変化が楽しめますね。

濃厚醤油では普通と感じていたチャーシューも、淡麗系のスープでは自己主張がしっかり!


美味しい一杯、あっと言う間に完汁しました。

次は、淡麗の中華そばを初食してみたいと思っています。



 

いつも美味しいラーメンに感謝です!
最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございました♪